一生上がらない生命保険は得か?

テレビのコマーシャルでは、

「保険料が一生上がらないので安心です!」

と言っています。

 

確かに10年ごとに保険料がアップする更新型の生命保険と比べると、保険料が変わらないのは安心です。

しかし、更新型の生命保険が契約者の無知に付け込んで販売されていたのは、もう随分と前の話しです。

お客様から特別の希望がない限り、更新型の保険をおすすめすることはありません。

では、コマーシャルでやっている「一生上がらない保険料」はすべてのお客様にメリットがあるのでしょうか?

「保険料が一生上がらない」保険とは、補償が一生続く「終身保険」で保険料を「終身払い」していることになります。

死亡時に保険金を受け取る「終身保険」や、入院時に保険金を受け取る「終身医療保険」などが保険料の終身払いを選ぶことができます。

終身払いのメリットは、保険料の支払い期間が定まっている「支払い期間満了型」と比べて、毎月の支払い保険料が安くなることです。

逆にデメリットとしては、給与所得者の方が定年を迎え収入が減少しても保険料負担が変わらないことです。

これらのメリットとデメリットを比較して、私が終身払いをおすすめするのは

・社会に出てまだ結婚されていない独身の方(結婚されて保険の見直しをすることが多い)

・定年間近やリタイアされた方

です。

働き盛りで子供さんがおいでのご家族などは、定年退職時に保険料をすべて払い終えて終身補償を残すようにご提案することが多いですね。

もちろん、

お客様のライフプランの考え方や世帯収入などを含めて検討しますので、必ずしもこの通りにご提案するわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。