対物賠償と過失割合、そして車両保険

自動車事故は大きく分けて人身事故と物損事故に分けられますが、圧倒的に発生件数が多いのが物損事故です

自動車と建物や構造物とが接触する事故の場合は、運転者の操縦ミスによることが事故原因となりますので過失はすべて運転者にあると言えます

しかし自動車同士の事故の場合は、どちらかが一方的に悪いと判断されることは少なくて、4:6とか3:7とかの割合で両方に過失があると判断されることになります

その割合(4:6,3:7など)のことを過失割合と呼んでいます

自動車保険としては、その過失割合と修理費用を掛け合わせて、事故の相手方に保険金を支払う(もしくは請求する)ということになります

例えば自分の車の修理費が50万円、相手の過失が70%自分の過失が30%であった場合、

50万円 ✕ 70% = 35万円

相手側からは35万円の支払いを受けることになります

では残りの30%分(15万円)はどうするのでしょうか?

その分は自分で支払う必要があります

そこで、役立つのが車両保険です

30%分(15万円)はあなたの車両保険で修理会社に支払われますので、合計50万円の修理費用がまかなえることになるのです

お客様から「古い車ですから車両保険入りません」と言われることがあるのですが、自動車同士の事故の場合には車両保険が役立つことを覚えておいてください

自分自身に過失が全く無い事故の場合には、基本的に保険会社は示談交渉に入ることができません

その場合には弁護士に交渉をお願いすることで交渉をスムーズに進めることができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。