ガンで手術をしても保険金を受取れないガン保険

【がん保険】に対してどのような認識でいらっしゃいますでしょうか?

 

・ガンと診断された時に一時金として保険金を受け取れる

・医療費が高額になるから医療費の補填として

・手術を受けた後の通院治療にも保険金を受け取れる

どれも間違いではありませんが、全て正解というわけではありません。

 

がん保険の一部には、がんの種類によって保険金の支払対象とはならないものがあります。

少し前のがん保険には上皮内新生物と呼ばれる極初期のがんに対しては保険金を支払わないと約款に(小さな文字で)明記してあります。

また、がんと診断された時に受け取れる一時金はがん診断給付金と呼ばれますが特約となっていることがほとんどですので、その特約を付けていなければもちろん受け取ることはできません。

 

がんの治療は長期間に及ぶことが多いので医療費が高額になるとのイメージをお持ちの方が多くいらっしゃいますが、現在の健康保険制度では医療費の自己負担額が一定額を超えると、超えた部分の金額を免除する制度がありますので、がんだけの医療費が高額になることはありません。

 

最近のテレビコマーシャルなどでは通院治療にも保険金を支払いますというアピールをしています。

でもこの特約が発売されたのは比較的最近のことですので、少し前のがん保険にはついていないことも多く見受けられます。これも約款に(小さな文字で)明記してあります。

 

ご自分のがん保険がどのタイプなのか、がん以外の入院手術を受けた時にどれだけの補償を受けられるのか、

よく理解できていない方は無料相談をお受けになられることをおすすめします。

 

保険の見直し相談なら 保険のセカンドオピニオン オフィスプレシャス

京都 大阪 滋賀 兵庫 は出張相談可能 メール相談受付中

http://www.office-precious.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。