ガン保険を検討する前に医療保険を検討しましょう

TVコマーシャルなどでも「がん保険」をPRしていますので皆さんご存知でしょう。

昔はがんは不治の病といわれたほど世間では恐れられていました。

最近の医療技術の進歩で通院で治療ができるがんもあるとはいうものの、一度罹ると長い治療期間と高額な治療費が負担となります。

そのような時に安心して治療を受けるために「がん保険」はとっても有効だと言えます。

でも、「がん保険」はその名前のとおり「がん」の治療に限定していますのでそれ以外の病気やケガによる入院治療には当然ながら保険金が支払われません。

確率的に人口の半分に当たる方が、生涯に一度は癌による治療を受けると言われています。

逆の言い方をすれば半分の方はがんとは縁のない一生を送ることが出来るのです。

ガンに限らず全ての病気とケガによる入院治療に備える保険に「医療保険」があります。

「がん保険に入っていないとがんの時に保険がもらえないのではないですか?」とお客さまに尋ねられるのですが医療保険の保険金はがんによる入院治療時にももちろん受け取ることが出来ます。

生命保険は原則健康なときにしか入ることが出来ませんので将来どのような病気で自分自身が入院するのかをイメージするのは難しいのですが、幅広い病気の入院治療をカバーする「医療保険」で備えた上でさらに上乗せの補償として「がん保険」が必要かどうかを検討することが賢明だと言えます。

 

保険の見直し相談なら 保険のセカンドオピニオン オフィスプレシャス

京都 大阪 滋賀 兵庫 は出張相談可能 メール相談受付中

http://www.office-precious.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。