入院時に支払われる医療保険

illust2173

病気やケガで入院した時に保険金を受け取ることができる医療保険、最近ではTVのCMなどでも大きく取り上げられていますので気になっている方も多いでしょう。

その医療保険に関わる記事で「保険料の支払い累計額は、医療保険の保険金額の受け取り総額の何倍にもなるから医療保険は入ってはならない」という内容を拝見しました。

確かに、保険期間の最後まで払い続ければ確かに保険料の支払累計額はまとまった金額となりますので論旨のすべてがおかしい訳では有りません。

しかし、保険料の支払いは少しづつ長期に亘るために負担感が小さいのに比べて、医療費の支払いは一時期にまとまって支払わなければならないために大きな負担となります。

ましてや、継続的に入退院を繰り返した場合などはその負担感はなおさら大きなものとなります。

誰も、ケガや病気で入院したいと考えているわけでは有りませんが、誰しもそのような事態を避ける事はできません。

その場合にも経済的なダメージを少しでも小さくしてもらうために生命保険があります。

生命保険の特性をよく理解して、賢く活用したいものです。

 

http://www.office-precious.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。