自動車保険はどうやって切り替える?

car

損害保険の中でお客様に最も馴染みがあるのが自動車保険ではないでしょうか?

私も、何十年か前に初めて自分の車のハンドルを握った時に、親に言われて自動車保険に入って「大人の責任」を少しだけ感じたのを思い出します。

自動車保険は一般的に1年もしくは3年の期間で契約されることが多く、その1年または3年ごとに更新手続きをすることが一般的です。

現在契約されているA社から何らかの事情で新しくB社の保険に切り替えをする場合の手続きについて説明いたします。

契約期間の終期が近づいてくると、更新の案内がA社から届きます。その中にはこれまでの契約内容、契約期間内の事故の有無、次のおすすめの契約内容などが記載されています。(保険会社の中には、他社に移られるのを防ぐために契約内容の一部を伏せているケースがありますので、その場合には別途確認資料が必要となります。)

その案内を次に契約するB社に渡すことで、無事故等級、契約内容、保険期間、前の保険会社、などがB社が確認できますのでそれをもとに新しい契約内容を決めます。

契約内容、保険料の支払い方法、などが納得出来ればB社と契約手続きをして、A社に満期以降は更新しないことを連絡して終了です。

では、契約期間内には切り替えることはできないのでしょうか?

いいえ、(保険会社は抵抗するでしょうが)契約期間内のいつでも切り替えすることはできます。

ただし注意点がいくつかあります。

注意点その1

A社の解約日とB社の契約日の日付を同日にすることが必要です。

この日付がずれると、これまで続けてきた無事故割引等級を引き継ぐことができませんので注意してください。

注意点その2

A社の最後の無事故割引等級を、B社との契約時に引き継ぎますが等級が進むのはB社と契約をした1年後になります。

つまり、無事故等級の進行が遅くなるデメリットがあります。

無事故等級が6等級から10等級ぐらいまでは一年ごとに保険料が安くなる度合いが大きいので、実質の保険料負担が大きくなります。

保険期間の途中で切り替えをするときには気をつけて手続きを進めてください。

 

http://www.office-precious.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。