年配の方の保険見直しは難しい

保険の内容を見直して、負担を軽くしたいと思うのは老若男女に違いはありません。
しかし、思うように負担を軽減できるかどうかとなると年令によって大きな違いがあります。

お客様にとって保険とはよくわからないものです。
そのよくわからないものに対して大きな金額を支払っていくのですが、無駄を省きたい、自分にフィットしたものにしたい、と思ってもどこをどうすれば良いのかはわかりにくいものです。
そこでテレビでコマーシャルをやっているところや、ショッピングモールに出店している店舗に相談に行かれることになるのですが、どこに相談に行っても打ち出の小槌から驚くような提案がされることはなかなかありません。

それは、
今入っている保険が契約した時から時間が経っているので、ご本人の年齢が上がることによって負担が上がっていること。
今入っている保険が、すでに負担を少なくするように見なおした形で軽減する余地が少ないこと。
などがあります。

ひと昔前ですと、保険の見直し自体が保険会社のコントロールで行われていたので、無駄な特約を外すことで安くすることができました。
しかしこの十年くらいはお客様の意識も高まり、それに合わせて提案型の保険セールスも一般的になってきていますので、保険会社の思うままに高い保険を契約されるお客様が減っていることがあります。

乾いたタオルを絞ることが難しいのとは違う意味で、年配の方の保険見直しは難しい面があります。

それは、健康状態と年齢です。

二十代三十代と比べるとどうしても五十代以降の方は健康上の不安を持ってられる方が増えてきます。
基本的に生命保険は、健康上の不安を持ってられない方しか契約することができません。
持病を持ってられるかたは本人がどれだけ切り替えを希望しても、契約の内容が大きく制限されてしまいます。

さらに健康な方であっても、統計上五十代以上の方は健康を損なう確率がアップしますので、そのリスクが保険料の高さに反映されています。
希望する保険の内容であっても、支払い続けることができない高い保険料ではご契約することができません。

どうしても、年配の方の保険見直しはいろいろな部分で妥協する必要が出てきますので、若い方に比べると難しい選択を迫られます。

できるだけ若い時期に、将来を見越した形で保険を組み立てておくことが理想的です。

 

http://www.office-precious.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。